ハイエースの盗難の現状

ハイエースは盗難車が多い車としても有名ですね!

 

ニュースなどでも盗難の甥車としてハイエースの名前があがることも多く、

 

ランクル、ハイエースといえば盗難車としてオーナーさんも盗難対策をされている方も多いと思います。

 

最近の自動車は、イモビライザーなどで盗難対策をされていますが、

 

それでも盗難を防ぐことはほぼ無理だと言われています。

 

 

ハイエースのオーナさん中には、ハイエースの社内に仕事道具や趣味の道具を

 

満載に積んでいる方も多く、車を盗難される恐怖と車内の道具の盗難の恐怖がありますね!

 

 

なぜ、ハイエースは盗難されるのか?

 

ハイエースは、耐久性が高く部品の汎用性などの面で海外で人気が高いことが

 

盗難車として狙われている要因だと言えます。

 

ハイエースの盗難車のほとんどが、プロの窃盗集団によるものだと言われています。

 

ターゲットとして狙われたハイエースは盗難にあう確率は非常に高く、どのような盗難対策をしていても

 

盗難されるときはされると防犯のプロも言っています。

 

ハイエースのオーナーさんなら当たり前ですが、盗難保険、車両保険に入ること、ただ盗難保険や車両保険では、

 

車内に積んでいる荷物まで保証されないことが穂dとんどですので、高価な道具などを取られるショックは計り知れませんね!

 

 

ハイエースは、盗難される車です。

 

盗難対策グッズや対策方法なども多く紹介されていますが、ハイエースを盗難しているほとんどが

 

プロの窃盗集団であることを考えれば、もしあなたのハイエースが狙われた際には、どのような盗難対策をしていても

 

盗難されることはあることは間違いないと思います。


ハイエースの盗難の手口

ハイエースの盗難の手口は、いろいろあります。

 

最近は巧妙な手口でハイエースを盗難していることも多く

 

ますます、盗難対策が難しくなっていると言えます。

 

最近の車では当たり前についているスマートキーを利用した盗難方法で、

 

ハイエースもスマートキー、イモビライザーなどの盗難対策が施されていても

 

このリレーアタックは関係なく盗難にあうと言えます。

 

リレーアタックを簡単に言うと、スマートキーの電波を介してその電波を特別な装置で

 

リレーして車の施錠を解除してそのままエンジンもかけることができるので、痕跡な盗難されます。

 

リレーアタックの盗難は、自宅のガレージなどスマートキーと自動車との距離が短い場合に有効な盗難方法だと言われています。

 

ハイエースよりも高級車の盗難にリレーアタックが利用されることが多いそうです。

 

 

ハイエースの盗難は、イモビライザー装着以前のモデルでは、結構雑に盗難されることも多いそうです。

 

イモビライザー非装着車は、簡単に盗難できるのでプロの窃盗集団にしてみれば簡単に盗難できると言えます。

 

また、ハイエースは、高級車と違い傷などもそれほど気にしないこともあり鍵穴から無理やりの盗難もあります。

 

また、目をつかられたハイエースのドアノブの下に小さな穴があけられているというケースもあります。

 

盗難するハイエースに事前に盗難用に穴や盗難装置の有無、車載カメラの有無などを調べたうえで

 

盗難するという手口も巧妙になっているといわれます。

 

ハイエースの盗難対策

ハイエースの盗難は、プロの窃盗集団による盗難が多いということは上記でも書きましたが、

 

実際、プロの窃盗集団に狙われた車は、高確率で盗難に会うと言えます。

 

ただ、プロの窃盗集団もリスクを負ってまでハイエースの盗難をすることは少なく、

 

盗難しやすいハイエースが狙われるのは当たり前のことです。

 

ハイエースは盗難が多い車種で、狙われると高確率で盗難されるといわれますが、

 

盗難対策としてハイエースを盗難のターゲットされない為の盗難対策や

 

盗難されにくくする盗難対策などを紹介したいと思います。

 

はっきり言って盗難対策をしてもハイエースの盗難を完全に防ぐことは不可能だと言えます。

 

ただ、盗難対策をしているハイエースとしていないハイエースでは、盗難される確率はぐっと下がります。

 

事実、ハイエースはイモビライザーが装着されるまでは盗難台数も多く、年間盗難台数が1番多い年もあります。

 

イモビライザーは、盗難車の抑止力の大きな成果を上げたと言えますが、イモビライザー装着車でも最近は普通に盗難されます。

 

ですので、ハイエースオーナーさんで、自分の車はイモビライザーがついている方大丈夫と思っていては、

 

ある日、ハイエースがなくなっている言うこともあるかもしれません。

 

自動車の盗難対策は、イタチごっこだと言えます。

 

凄い盗難対策の所品が出たとしてもすぐにその盗難対策を破られることになるということですね!

 

 

ただ、窃盗集団や盗難する側からすれば、盗難するにに時間がかかったりリスクが大きかった場合は、

 

盗難を諦めると言われています。

 

ですので、ハイエースの盗難対策としてはいろいろな商品も市販されていますが

 

まずは、盗難されにくくすることが重要で、ハイエースの盗難対策として有効なことは、

 

盗難されないような保管場所や対策から始めましょう!

 

また、最近のスマートキーなどでは、リレーアタックなどで簡単に盗難されることもあるので、スマートキーの保管にも注意してください。

 

ハンドルロックやブレークロックなども有効ですが、面倒な面でパスする方も多いですね!

 

ハイエースの乗られている以上は、盗難のリスクが高いことは認知して、車内への貴重品や高価な仕事道具や趣味の道具の

 

搭載を控え、盗難保険の加入は必須だと言えます。

 

ハイエースの盗難に会った方で盗難保険などの加入をしていなかった方は後悔される方が多いので、

 

私は盗難に遭わないと思わないで、盗難されるかもしれないという危機感は、ハイエースオーナーには必要かもしれません。