事故車、事故歴車の基準

事故車、事故歴車とは修復歴車として一般財団法人日本自動車査定協会(日査協)、自動車広西取引協議会(公取協)で提示されているのは、自動車の基本骨格(フレーム)部分の修正、交換した車の事を指します。
基本骨格、フレームとは@フレームAダッシュパネルBクロスメンバーCルーフパネルDインサイドパネルEフロアFピラーGトランクフロアのいずれかが修復、交換された自動車は、修復歴車になります。

 

これを見れば、事故車、事故歴車、修復歴車だと思っていた車が当てはまらない事も有りますね!例えば、こつんと当てた車の修理や少しへこんだ車の修復、キズなどの修復などは、修復歴車に当てはまらないですね!

 

ここからが本題ですが、ハイエースの売却をお考えの方で修理歴がある車の売却をお考えの方に中には、自分の車が事故車だと思っている方も多いと思います。しかし中古車市場で言う修復歴車に当てはまらない車も多く、修理の箇所や程度などにより事故車に当てはまらない事もよくあります。

 

しかし、査定を受けた時に修復歴がありますね!マイナス査定になります、と大幅に査定価格の減額を提示されることも少なくありません。
確かに修理歴が有る車は、マイナス査定になりますが、事故車扱いで大幅なマイナスにされることも少なくありません。
中古車購入の際も事故車、修復歴車の基準が上記の様な事なので、少しぶつけた程度の事故なら事故車と提示されることは少なく、事故車ではないので修理をしていないと勘違いされている方も多いと思います。

 

ハイエースの売却で自分の車が、事故歴車、修復歴車の方も微妙に思われている方も1社だけの査定では、不利な査定価格での売却につながりかねません。
その様にならない為にも車買取一括査定サイトなどで出来るだけ多くの業者に査定依頼してください。適正な査定をしっかりしてくれる業者があれば適正な価格での売却が出来ますよ!

 

事故車、修理歴車のハイエースの買取一括査定サイト


傷、へこみなど事故車ではないハイエースの買取査定

事故車、事故歴車の定義は上記のような感じです、事故車と思っていた車が事故車に該当しないケースも多く、ボディがへこんでいたとしても事故車のならないケースも多くあります。もちろん、へこみや傷などは売却の際に不利になりますが、事故車のように大幅なマイナス査定になることは少ないと思います。
事故車でもないのに、いかにも事故車のように言われて安く買い取られるケースも少なくないようですので、この辺りは注意が必要です。

 

また、ハイエースの売却の際に、ボディに傷やへこみが有ることで査定価格が下がるのではないかと思い、修理をしてから査定依頼する方もいるそうですが、ほとんど場合、修理代の法が査定価格のアップ金額よりも高くなると思います。
基本、中古車の売却で、査定に出す際に、へこみや傷などを修理する必要はないと思います。修理をしたからと言って査定価格が大幅にアップするとは考えにくいですよ!

 

ハイエースは、中古車市場で人気車種で買取したい業者も多い車の1つです。年式やグレードなどにもよりますが、少しぐらいの傷やへこみなどはそれほど査定価格に影響することも少ないと思います。
それよりも、少しでも高く買い取りしてくれる業者を探すためにも複数の業者、多くの業者の査定依頼が必要だと思います。
多くの業者の査定を依頼することで、あなたのハイエースを欲しがる業者が見つかるかもしれません。欲しがる業者に売却できれば、中古車買取相場よりも高く売ることも可能になります。