ハイエース査定のプラス、マイナス

ハイエースの査定を受けた際のプラス査定、マイナス査定になる要因とは?

 

自動車、中古車の売却は基本、マイナス方式で査定価格が決定されます。車種、グレード、年式、走行距離でおおよその査定価格が決まり。ここからボディカラーや程度、改造などによってマイナスされていくのが基本です。

 

ハイエースですと基本の査定価格が200万円だとします。ここからキズやへこみ、事故歴などマイナス面を探していき、マイナス査定になる要因があれば、200万円から5万円、10万円と引かれていきます。中古車販売価格と中古車買取価格がかけ離れる要因もマイナスが多くなる車の場合、差が大きくなります。

 

では、ハイエースの場合、プラス査定、マイナス査定の要因はどの様な事でしょうか?まず、ハイエースは商業バンとして利用されているケースも多く、仕事で使われた車で荷台やボディの程度があまり良くない車は、マイナス査定は避けられないですね!また走行距離が大幅に多い場合は、以外にマイナス幅が大きくなりますね!この他にもノーマルパーツの変更、社外品への交換でノーマルパーツがない場合なども箇所によってはマイナス査定になります。

 

逆にプラス査定なる要因も知りたいですよね!査定業者によって差は出ますが、ノーマル車で自家用に利用していたハイエースで程度が良ければプラス査定になる事が多いですね!
綺麗に乗られているハイエースは、プラス査定なりやすく、査定前に洗車などは忘れずに。
カスタムパーツでもアルミホイールなどはプラス査定になる事も多いですね!カスタムハイエースは中古車査定では不利になる事も少なくありませんが、カスタムしている箇所や程度によってはプラス査定してくれる車買取業者もあります。

 

ハイエースの査定でプラス査定、マイナス査定になる要因は、買取査定する業者によっても変わる場合があります。ある業者ではマイナス査定された要因でも、他の業者では問題ないケースも多々あります。またプラス査定の場合でも同じような事が言えます。
査定する業者によってもプラス査定、マイナス査定が変わる事もある為、最低でも3社以上の査定を取っておきたいですね!

 

少しでも有利にハイエースを売る為にも簡単に複数査定が出来る車買取一括査定サイトを利用してください。

 

ハイエース買取査定に強い中古車買取一括査定サイト

 

 


出来るだけマイナス査定の少ない業者を探す

ハイエースに限らず、中古車を売却する際に少しでも高く売るコツの1つに、査定の際にマイナス査定を減らすことです。中古車の査定のほとんどがマイナス方式で、基準の査定価格からその車、ハイエースならその年式のハイエースの基本の査定価格から走行距離やボディカラー、程度などをマイナスしていく査定が基本です。

 

例えば、年式と走行距離が相応の場合、基本の査定価格で査定されます。基本の査定が200万円なら査定価格は200間年ですが、そこから外観のキズやヘコミなどでマイナス何円、室内の汚れや喫煙などの場合もマイナス査定になります。
200万円からマイナスされていき、引き出された価格が査定価格で提示されます。

 

この際に、業者によってマイナスの有無やマイナス金額の違いが生じるので同じ車でもマイナス金額が大きな違いになることも少なくありません。基本の査定価格からマイナスされる査定方法では、査定に出す業者で査定価格、買取価格も時に大きな差になるのですね!

 

ですので、ハイエースの中古車の売却をお考えなら最低でも3社以上の業者の査定を取って比べてほしいのです。最近はネットで簡単に複数査定を取ることが出来るので、まずは、ネットの一括査定サイトで査定依頼してみて、自分のハイエースの中古車買取相場を把握してください。

マイナス査定になりやすい中古車とは

中古車査定の際に、マイナス査定になる中古車とはどのような条件の車のでしょうか?
中古車査定業者の中でもプラス査定、マイナス査定の基準は違うと思いますが、基本的にマイナス査定になりやすい中古車というのを紹介したいと思います。
あくまでも、基本的な中古車査定のマイナス査定になりやすい条件の車ですので査定に出す際に参考にして頂ければ嬉しく思います。

 

※喫煙車

中古車市場では、喫煙車はマイナス査定になることがほとんどです。特に車内がタバコの臭い、ヤニなどが酷い場合は、大幅なマイナスになることも有るので、査定に出す前には出来るだけタバコ臭、ヤニなどは綺麗にしてください。
昨今の禁煙ブームもあり、中古車市場での喫煙車は、敬遠されることが多いので喫煙車の売却は年々不利になっていると言えます。

 

※改造車、カスタムカー

中古車市場では、改造車、カスタムカーなどノーマル車でない車は、敬遠されることが多く、買取業者も改造車を積極的に買取してくれないことがほとんどです。
車種や改造箇所、社外パーツにもよりますが、ほとんどの場合、改造車はマイナス査定になると思います。
改造車でもすぐにノーマルに戻せて、ノーマルパーツもある場合は、マイナス査定も限定的になることがほとんどですので、改造される際には、ノーマルパーツの保管は必須です。
改造車の中古車売却の際には、ノーマルに戻すことが出来るのであれば、戻してから査定に出しましょう!簡単に戻すことが出来ない場合でも、改造箇所のノーマルパーツは出来れば用意してください。

 

※事故車、修理歴車

事故車や修理歴車は、中古車としてはマイナス査定になることはほとんど方が知っていることですね!しかし、事故車、修理歴車の定義が分かっていない方も多く、すこしぶつけてへこみや傷がある車でも事故車だと思われる方も多く、事故車だからマイナス査定になることを覚悟されている方を多く見かけます。
実際、中古車市場での事故歴車、修理歴車の定義は明確に決まっています。(事故歴車の定義)これに当てはまらない中古車は、事故歴車、修理歴車扱いにはなりませんので大幅なマイナス査定になることはほとんどありません。
事故車、修理歴車の場合は、中古車査定でマイナス査定になることは避けることが出来ませんが、事故歴車、修理歴車でない場合も多いので、もう一度、査定に出す前に、事故車の定義を調べれ見てはいかがでしょうか?

 

他にもマイナス査定になる要素というのは有りますが、基本的にどの業者でも査定に際にマイナスになりやすい要素を簡単に紹介しました。